借金の時効援用のデメリットを知っておこう。

時効の援用に成功!でも、その後のデメリットとは?

 

時効の援用を考えているあなたはそのようおな不安があるのではないでしょうか。

 

時効援用 男性イラスト

ご想像の通りやはり時効の援用にはデメリットがあるものです。
時効になったといっても、借金を返済をしないといことは借金や未払い金を踏み倒したということと同じです。

 

では時効の援用にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

自己破産した人がブラックリストに載るというのは有名ですね。
同じように、借金の時効が成立した場合は滞納の事実、つまり踏み倒したという記録が残るのです。

 

そのような事故情報というものは通常7年から8年は消えないようです。時効の援用を行った場合もそれと同じか、あるいはもっと長い10年ほど残るといわれています。時効援用のデメリットについては経験豊富な専門家である司法書士などに相談することがおすすめです。

 

時効援用手続きのウイズユー
0120-263-212
時効援用手続きのウイズユー


時効援用手続きのアヴァンス
0120-141-054
時効援用手続き アヴァンス


信用情報開示請求のアヴァンス
0120-159-028
信用情報開示 アヴァンス

時効援用のデメリット。具体的にはどんなこと?

時効の援用を行うことであなたの借金の返済の義務は消えます。 借金を返さなくてよくなることから、借りている本人にはうれしい制度であると感じるかもしれませんが、当然のようにデメリットが存在するので気を付けましょう。

 

 

時効援用を成功したということは支払わなかった借金があるということ。
当然のことながら信用がありませんので、住宅ローンはもちろん金融業者からの借り入れやクレジットカードを作ることもできなくなることを覚えておきましょう。

 

 

携帯料金の滞納を時効にしたケースでは、その携帯会社で新規契約はできなくなります。他の携帯会社ではできることもある場合もありますが、携帯料金を踏み倒した事実は残っているので契約するときにに何らかの保証金を要求されることや、最悪の場合は契約を断られることもあるようです。

 

 

時効の援用手続き中にもこんなデメリットがあります。
時効が成立してしまえば良いのですが、万が一 債権者が裁判所に訴えることで差し押さえ判決が出てしまうと、当然給与などが差し押さえられることになります。

 

 

催促から逃げているだけで時効が成立するわけではありませんので、もし時効の援用をお考えならば正しい知識を持つことが大事です。やはり司法書士などの専門家に相談することが安全で確実な方法となります。

 

時効援用が成立するまではハラハラ、ドキドキ。これもデメリットのひとつ。

 

時効が成立するまでは相手業者からの督促があることがほとんどです。それから逃げるために引っ越しをしたとしても住民票を新しく取得しにくい状況になります。新しい住所を業者に知られてしまうのを防ぐためです。各種の住所変更を行えないというのは日常生活において非常に不便になります。

 

 

借金の回収業者に見つかってしまうかもという不安感を胸に秘めたまま日常を過ごすことにストレスを感じながら生活することになります。もしも 見つかってしまったとしたら借金の返済を迫られてしまいます。その事実は常に覚悟をもった上で時効の援用を考えていきましょう。

 

 

無事に時効期間を満たして時効の援用が成功すればよいのですが、万が一にも途中で時効期間を迎えられなかったときには、その日までに増えてしまった借金を返済しなくてはいけません。大きな借金が残ることになってしまうのです。

 

 

時効期間の経過を待っている間にも借金は増え続けていることを理解しましょう。返済しないので当然ですよね。時間が経つにつれてあなたの借金はますます増えてくでしょう。

 

もし、あなたが時効の援用を行い成功した場合、その後新たに信用情報に傷がついてなければ、さらに5年を経過した時に信用情報に問題なくなることがあるようです。そうすればローンを組んだりクレジットカードが作れるようになるかもしれません。もちろん収入やその他の条件をクリアした上での話です。

 

当たり前の話ですが、時効によって借金を踏み倒した相手から再び借金をすることは難しいでしょう。

 

 

 

10年近く付き合った彼がいます。こんなに人を好きになったことははじめてというくらい絶対に離れたくないと思ってえるくらいの男性でした。

 

ある日その彼からは「お金を貸してほしい。どうしても必要尾なんだ」と言われてました。正直私には用意できるような金額ではなかったんだけどどうしても彼を助けたくて、ある金融会社から借金をしました。

 

借金なんて初めての経験で、軽く考えてしまっていました。ショッピングローンと同じようなものだと思っていました。今思うと本当に馬鹿な考えだと反省しています。

 

初めのうちは彼も毎月の返済にお金を渡してくれました。ところが数ヶ月後、彼から別れを告げられてしまったんです。ケンカなんて何度もしたことあるし、またすぐに戻ってきてくれると思っていたのですが…。もしかしたら私はよいように利用されてしまったのかもしれません。

 

借金はまだ半分以上残っていました。私は何もかもが嫌になってしまってしばらく家からも出ないで半分引きこもりのような状態に。当然借金の返済も滞り…。

 

あれから数年が経ち、私自身も少しは立ち直ったので借金の問題を解決したいと考えるように。債務整理のことも検討したかったので司法書士の事務所に相談すると、私にあった借金問題の解決方法とデメリットをアドバイスしてくれました。

 

素人の私には絶対に分からない知識や方法を丁寧に教えてくれます。
さすが法律のプロフェッショナルさんです!本当に助かりました(^^)

 

時効援用はメリットだけではなくデメリットもたくさんあるので注意を。

時効援用 男性イラスト2

お金というものは借りたら返さなくてはいけないのが大原則です。しかしながら、なんらかの事情で返済に苦労する場合は返済するお金を少なくしたいもの。そんな借金問題の解決方法として過払い金返還請求があります。最近ではテレビや雑誌でも度々見かけるようになったことから聞いたことがあるといった人もたくさんいるでしょう。

 

これはもちろん借金が消えるなるということではありません。過去に払い過ぎてしまったお金が還ってくるという制度です。しかしながら、実は借金というものには期限があるものなのです。その期限が過ぎてしまえば返済する義務というのはなくなるものなのです。つまり時効ですね。

 

時効の援用を実施することで、残りの借金がどれだけあろうともが無かったことになるということです。返済額が少なくなるどころか返済の責任が消えるということは大きなメリットですが、全てのケースで時効援用が成立しては世の中は成り立ちませんね。

 

一見とても便利な制度に感じられますが、時効援用をするにあたってはデメリットも数多くあることを覚えておくべきです。たとえば、個人と個人の借金であるなら10年、消費者金融、銀行などの法人からの借金の場合は5年で時効を援用を行うことが出来ます。とはいえ、当然のこととしてお金を貸している側はお金を返してもらうために取り立てを行います。時効を援用成功させるためにはこのような行為から逃げまわらなければいけないこととなってしまいます。

 

時効援用 男性イラスト3

ハードな取り立てがある中でずっと逃げまわるということは簡単なことでは決してありません。引っ越しをしなければならないこともあるでしょう。その際にも普通の引っ越しでは言うまでも無く引越し先がばれてしまい、取り立てが行われてしまうかもしれません。住民票を移すようなことをしたら、そこから足がついて住所を調べられてしまいうこともありますね。

 

住民票が無いような事態では新たに銀行口座を作ることも難しくなるでしょうし、新しい仕事に就くのも一苦労でしょう。もちろんそのような状態になればブラックリスト入りしてしまうのは避けられないでしょう。当然ながら各種機関からお金を借りるといったことも大変難しくなってしまいます。

 

このように、借金が完全に無くなったとしても時効の援用するこのに対してのデメリットは計り知れないのです。気軽に時効援用すればいいやなどと考えずに、そもそも借金をすることに対しても計画性をもった金の使い方を心がけることが一番大切なのです。